教育システム

看護部教育教育目的

地域の期待する医療、看護を目指し、質の高い看護を提供する
安全で専門性のある個別的な看護を遂行する
教育目標
自己啓発に務め、社会の変化や医療の進歩に応じた 看護が実践できる
卒後の基礎教育を段階的に行い、専門能力を深め、主体的に看護が実践できる
看護研究における研究的姿勢を高め、看護研究に主体的に取り組むことができる
組織の中の一員としての立場と役割を認識し、円滑な人間関係がもてる
▶ 卒後1年
病院の組織・機能を知り看護職員としての役割を理解できる
基礎的技術を習熟する
チームメンバーとしての役割が果たせる
▶ 卒後2年
チームの中の自分の立場を理解し行動できる
看護研究の基本が理解できる
▶ 卒後3年
  自己の看護観を深め看護実践において役割を発揮できる

チームリーダー
チームの中でリーダーの役割を認識しチーム活動におけるリーダーシップがとれる

潜在看護師教育
臨床復帰に不安のある助産師・看護師に医療・看護に関する
知識や技術を学ぶ場を提供すると共に病院見学をとおして
再就職のきっかけとする

看護研究
看護研究実践過程でチームの協力や支援ができる

管理者教育
管理者として果たす役割を学ぶ

看護助手教育
看護業務の基礎となる知識を学習する