病院の沿革

S17年 3月 尾鷲町立病院設置 (場所は現在の尾鷲郵便局)
S34年 4月   三重県厚生連「紀勢病院」を買収して、尾鷲市立病院として移転開院(場所:駅前)
S44年 6月 「尾鷲市立病院」を「尾鷲総合病院」に変更議決
 同上  条例公布
S45年 6月 尾鷲隔離病舎組合の伝染病棟を現在地に新築
(尾鷲市、海山町、紀伊長島町による一部事務組合)
S53年11月  人工透析診療開始
S55年10月  結核病床を全廃し、一般病床に変更
H 9年 1月 地域災害拠点病院指定
H11年 6月 リニアック(放射線治療装置) 本稼働
H13年 6月 院外処方全面移行
H13年 9月 労災保険二次健診等医療機関の指定
H14年12月 三重県感染症発生動向調査病原体定点の指定
H15年10月 X線全面CR化
H16年 4月 へき地医療拠点病院指定
H16年10月 管理型臨床研修病院指定
H17年 4月 病床数変更(一般199床、療養56床、計255床)
H19年 3月 透析棟完成
H19年 4月 新看護体制(一般病棟入院基本料10対1)を実施
H21年10月 伊勢赤十字病院とのバディ制度始まる
H22年 4月 単独型から協力型研修病院指定となる
H22年10月 三重大学第一内科教室と尾鷲総合病院の共同高血圧研究室開設
H23年 6月 東日本大震災被災地域(岩手県陸前高田市)へ災害派遣
H23年 7月 三重乳がん検診ネットワーク登録施設認定
H23年10月 PACS(画像保存通信システム)の導入
H25年 2月 電子カルテシステム導入
H26年 3月 三重DMAT指定病院
三重県がん診療連携推進病院指定
H26年 4月 DPC(診断群分類包括評価)準備病院となる