臨床検査部

 採取された血液や尿・組織などの検体は、専門技能を持った臨床検査技師が検査を行っています。また心電図や脳波なども臨床検査技師の重要な仕事です。
 日々の検査データが患者様の治療に役立てることを願い、スタッフ一同、各種関連学会への参加や認定資格の取得に努め、高精度かつ迅速な結果を診察現場に報告しています。

臨床検査技師 12名
 
◇ 認定資格等 ◇
細胞検査士 2名
超音波検査士(消化器)  1名
認定輸血検査技師 1名
認定一般検査技師
1名
NST専門療法士 1名
治験コーディネーター

2名

認定心電検査技師 1名
院内実施項目

 ・生化学検査(肝機能、脂質、腎機能検査)
 ・血液学検査(貧血、凝固系検査)
 ・免疫学的検査(感染症、腫瘍マーカー)
 ・輸血検査(血液型、血液製剤の管理)
 ・一般検査(尿、便検査)
 ・病理検査(組織、細胞検査)
 ・細菌検査(細菌培養、ウイルス迅速検査)
 ・生理検査(心電図、脳波、聴力検査など)

 

検体検査室

 

輸血検査

一般検査

病理検査

細菌検査

心電図・呼吸機能検査

採血室


その他

・平成27年4月より、健診センターに技師を派遣しています。
・平成25年10月より、桑名市総合医療センター 白石泰三先生の病理カンファレンスが始まりました。